Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

戦車道きのこ海軍工廠

11
2017  00:49:40

インジェクションキット作るってよ

久しぶりの製作記事。
今回はハセガワの新キット1/700三笠を作っていきます。
珍しく普通にインジェクションキットですよー。
s-2_2017010923531243c.jpg
さすがに新キットだけあって良いディティール。
s-3_201701092353126b6.jpg
三笠というと昨年末の沼の会で燕雀さんが日露戦争前のものを作られていらっしゃいましたね。
第12回【艦船模型沼の会】+忘年会
s-1_20170109235312954.jpg 


ところで三笠の模型というと、就役時verや日露戦争ver、はたまた現代の記念艦verあたりでしょうか。
HIGH-GEARedさんの1/700三笠公園
kinenkan41.jpg

今回作るのは



そう、みんな大好きハッテンバ時代の三笠です。
s-4_20170109235307619.jpg
一番荒んでいた1950年代の姿で作ります。
(解説については記念艦「三笠」公式ホームページをご参照ください)

では早速作っていきましょう。
先ずは舷側の不要なモールドをこそぎ落としていきます。
s-6_20170109235310d86.jpg s-7_201701092353469fd.jpg
表面処理が終わったら舷窓を開けます。
s-8_20170109235347ecc.jpg

次に第一、第二主砲塔ともバーベットを切除しましょう。
超音波カッターがあると便利ですよ。
s-9_20170109235334e3f.jpg s-10_20170109235335e16.jpg

船体にサフを吹きます。
s-11_20170109235337415.jpg s-12_20170109235338e2e.jpg

続いて上部構造物を作っていきましょう。
赤丸の部分を均していきます。
s-13_20170109235340fe7.jpg
※艦首部分は錨鎖甲板、艦尾部分は司令長官用ラッタルが対象

ダンスホールを作ります。キャバレー・トーゴー。
s-14_1.jpg
体育館みたいな見た目ですが窓のサイズが微妙に一律であったりと結構面倒。
s-14_2.jpg s-15_20170109235345342.jpg
今回、昨年末に導入したシルエットカメオちゃんが活躍してます。
s-16_201701092355401d6.jpg s-17_2017010923554137f.jpg s-18_201701092355261bb.jpg
0.2mm~0.25mm厚のプラ板であれば切り抜くことが可能です。

こんな感じ。
s-19_20170109235529673.jpg s-20_201701092355298b8.jpg
ちょっと歪んじゃいましたね。

お次は水族館。
s-20_1.jpg s-21_1.jpg
水族館といっても適当な水槽と小魚が置いてあるだけだったらしいですが。

切除したバーベット跡を木部用パテで埋めます。
s-21_20170109235534721.jpg
構造物はダンスホールと同じなので割愛。
s-22_201701092355375f1.jpg
実は構造物は4回くらい作り直しました。
(これはリテイク前)

船体を塗装してみましょう。
塗装の参考はこちら。
『写真で見る横須賀軍港2 1945-1960年』
s-38_20170109235740175.jpg ws-39.jpg
船体は明るめのグレーを基本色とし、赤いラインが舷側半ばのところを外周に沿ってぐるっと走っていますね。
モノクロ画像のほうもよく見て頂ければそれっぽいのが写っています。

早速塗装してみました。
リタッチは後で。
s-23_201701092355380d9.jpg s-24_20170109235652cbf.jpg s-25_201701092356547f3.jpg

純正の木甲板シートを貼りました。
特に今回は木甲板部分を切ったり削ったりしているので塗装でやると復旧が大変です。
s-26_2017010923563946e.jpg s-27_201701092356418d9.jpg
フジミ純正の木甲板シートよりしっかりと貼れる気がします。
まあ微妙にカバー仕切れてない部分があったりして切り貼りもしてるのですが。

第一砲塔跡も蓋をしましょう。
s-28_201701092356416d3.jpg
はっきりと分かる資料がないのですが、恐らく普通にバーベットに沿った円形でしょう。たぶん。
s-29_201701092356430dc.jpg s-30_2017010923564571f.jpg s-31_20170109235648334.jpg

細かい部品も揃えていきます。
水族館の屋根にあるドーム、何か流用できないかな・・・。
s-32_20170109235649404.jpg
・・・ん?
s-33_201701092356517a2.jpg

はい、こうなりました。
s-34_20170109235751eec.jpg

天板延長したり。
s-35_2017010923575543f.jpg


しかし水平甲板の塗装どうなってたんでしょうね。
s-36_201701092357537ee.jpg
時期によって大分変わりますね。
塗りなおしたり劣化して色変わったり。
s-37_20170109235754536.jpg s-40_20170109235743bd1.jpg s-40_1.jpg
構造物の屋根以外は恐らく船体色と同じだと思うのですが・・・。

それと今回はエデュアルドの民間人塗装済みエッチングを使う予定です。
s-41_201701092357486c7.jpg


【おまけ】
こんなもの手に入れちゃいました。
ペットショップ 1/700 RSBC 播磨
s-42_201701092357498af.jpg s-43_2017010923582426b.jpg
以前の沼の会で夕凪さんが持ち込まれてましたね。

おーい大和ってよー軽巡だろー??
s-44_20170109235826d9b.jpg

スポンサーサイト

 1/700 ハッテンバ三笠

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/15 (Sun) 23:40 | EDIT | REPLY |   

きのこご飯  

Re: 甲板の塗装の件

はじめまして、きのこご飯です。

ありがとうございますー!
なんと、木甲板でしたか・・・。

ボートデッキは今日接着してしまったのですが、
艦橋跡は木甲板でやってみます。


> 初めましてこんばんは。
> H.N.neko kick 申します
> いつもTwitterとブログ拝見させてもらってます。
>
> https://twitter.com/graywind88/status/818435227882168320
> の件でお困りのようでしたがあいにく私はTwitterをやっておりませんので
> 私の知る範囲でお教えできそうな所があるのでメールさせていただきました。
>
> 前部艦橋の問題の部分は現役時代のままの木甲板のようです。
> こちらのブログに写真記事があります。
> http://blog.livedoor.jp/studio120/archives/2014-10.html
> 後部艦橋も同様に木甲板のままじゃないかと推測されます。
>
> ボートデッキは旧記念館保存時に鉄甲板だったところにセメント敷きにしたようですが
> 現記念館にするときに剥がしたようです。
> セメントに塗装していたかどうかは分からないですが画像を見る限り無塗装のように見えます。

2017/01/16 (Mon) 00:05 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/16 (Mon) 00:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment