Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

戦車道きのこ海軍工廠

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

22
2012  01:04:04

1/700 帝国海軍航空戦艦「伊勢」 第3戦隊


今回で完成です。


前回の続きから


ボート類は塗り分けのみ。
1_20120922001806.jpg
流石に作りこむ気力はない

固定具をプラ材で作ります。
2_20120922001805.jpg

KAモデルの救命具。
3_20120922002429.jpg
安いだけあってそれなりですが塗装済みなので非常に便利。

これを付けてボート類は完成。
4_20120922001804.jpg

ボート類を取り付けていきます。
6_20120922001850.jpg

テグスで固定具を再現。
7_20120922001849.jpg

ちなみに前回のダメージ表現はこんな感じになりました。
8_20120922001849.jpg
きつめのウォッシングをしただけですが下地のオキサイドレッドのおかげでそれっぽく。

下地にオキサイドレッドを吹いておくと下地が見えたときでもそういう表現だと見せることができるのでかなり有効です。


喫水線付近の破孔はこんな感じ。
9_20120922001848.jpg

左舷。
10_20120922001848.jpg


テグスで空中線を張ります。
11_20120922001943.jpg
撮り出めておいたヤフオクの完成品出品のページを参考にしました。

ヤフオク完成品は作例としてかなりよい参考になるので大変おすすめ。

まあ「1/700」で検索かける度に積みキットが増えるわけですが(震え声)


というわけでどんどん張っていきます。
12_20120922001942.jpg
テグスが短いとそのままでは中々曲がってくれませんのでデザインナイフの背でクセをつけておきます。

こういう縦張りが一番難しかったりする。
13_20120922001942.jpg
ちなみに二番砲塔にダメージ表現を加えたわけですが空中線はあえてダメージ再現はしませんでした。

こういうのはテグスで再現するのが非常に難しいので別のマテリアルを探す必要がありますね。


軍艦旗は紙シールを使用。
14_20120922001941.jpg
当初はキット付属のデカールを使うつもりだったのですが中々上手くいかず、加えて形もつけにくかったので以前作ったアオシマの1/700護衛艦キットのものから流用。

紙シールの方が形をつけ易いのでいいですね。


気の済むまで張って、ダマになったとこを誤魔化すなど各部を調整したら軽くつや消しを吹いて完成です。
15_20120922001941.jpg
前回ベースに半つやを吹いたのですがイマイチだったので今回つや消しを吹いて調節しました。



製作記事は以上。

完成写真は明日にでも。まだ新しい一眼になれてないので……





〇致命的な考証ミス

これは伊勢の三番・四番砲塔付近。
18_20120922002022.jpg

この写真をモデルにしたわけですが
16_20120922002022.jpg
三番・四番砲塔は真横かそれに近い角度を向いてるように見える

しかし真横に向けると射出機に射線が干渉してしまう……

ということで干渉しないような角度に砲を向けたわけですが


この写真をよーく見てみると
17_20120922002022.jpg
赤線のように射出機を斜め後ろにぐるっと回して退けているわけですよ(白目)

しかもよく見てみたらキットの箱絵も射出機をこうしてたわけで………


↓後の祭り
18_20120922002022.jpg

がっちり固めてあるので無理やり剝すわけにもいかず

だいたい考証ミスなんてボートダビット格納してなかったりだとか既に色々やらかしてるし……



こんなこと、誰もきづかねぇよな(震え声)




関連記事
スポンサーサイト

 1/700 航空戦艦「伊勢」

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。