Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

戦車道きのこ海軍工廠

17
2011  21:47:46

摩耶たん改造計画~その2~

7/3に電気通信大学さんにて開催された関東学生模型連合にて製作意欲を分けてもらったので

以前「摩耶たん近代化改装して~」と言ってそれきり放置してた摩耶の製作を再開しました。



※5月ごろ挙げたのと同じ画像です
110510_223200.jpg





大戦中の艦艇を近代化改修する。

しかも海自のわかばとは違い重巡クラスを。


となると


やっぱりマブラヴですよね^^



てことでマブラヴオルタネイティブ本編劇中に登場した艦艇を参考にしました。


WS000049.jpg

※以下次の赤字まで読み飛ばしてもらって構いません


WS000039.jpg


WS000050.jpg


WS000063.jpg


インテグラルワークス(資料集)で確認できる日本帝国の保有戦艦は

○大和級
 大和
 武蔵
 信濃
 美濃

○改大和級
 出雲
 加賀

○紀伊級
 紀伊
 尾張

の三種のみです。

「どれがどれなの?」

という質問を以前頂いたのでちょっと考察してみます。(公式で決まってたらゴメンナサイ><)


まず、一番分かり易いのが④。
紀伊級(超大和級?)は一般的に主砲は連装であるとされており、本編においても同様であることが確認できるため断定。
まあインテグラルワークスに「紀伊級」て書いてあるんですけどネ


で、大和級・改大和級なのですが

正直わかりません。


①の画像の前三隻は劇中描写より大和級と推測されます。

近代化改修+対BETA戦用改修が施されていることが確認できますね。


後ろの二隻も大和級なのかどうかはちょっと…

艦橋がかなり特異な形状をしているため元の艦種も判別できません。


次に②・③の画像は甲21号作戦に参加した第二戦隊のものです。

同戦隊には信濃・美濃・加賀が属しており、戦隊旗艦は信濃と思われますので②・③も大和級と推測されます。

ただ、アンリミアフターのepisode;01に登場する信濃は大和と酷似した形状であるため、②・③は改大和級であるという可能性も高いです。

まあアンリミアフターは並行世界の話なので断定はできません。

甲21号作戦のあのシーンで戦隊旗艦を映さない意味もよくわかりませんが…


ちなみにepisode;01から見ると①の手前から三番目が信濃だと思われます。




後、個人的にはこのグラは間に合わせのものじゃないかと思ってます。


舷側はともかく、上部構造物を見るに対BETA戦を想定した装備どころか近代化改修の跡すら確認できません。

多分データリンクシステムなんて使えません



まあ、結論としては①は大和級であるが、②・③を見ると同級全てが、また改大和級全てが①のような改修を受けたかどうかは不明であり、仮に改修を受けている場合でも形状が統一されたものではないと思われるため断定はできかねる。

というゴミ結論。


異論反論はもちろん受け付けさせていただいております



さて、前置きはここまでにしておいて(U^ω^)


もちろん①の大和級を参考にします。


まあこの大和級にもいろいろ疑問点はあるわけですが…

艦首の形状変更はステルス性向上と大型レドームの増設のため?
なぜ光線級の被害を受けやすい艦橋がそのままなのか?全高下げなさい
地上支援用なのにハープーンを運用しているのはなぜ?

とか

まああちらの世界では色々異なるのでしょう。


で、とりあえずおおまかな位置取りなどを決めていきます

甲板のモールドは以前調子に乗って全部削り飛ばしてしまったので一から作ります。

1_20110717183213.jpg

艦首形状変更には転がっていたHG百式(なぜかメタリックレッド)の膝パーツをカットしてメッキをペイントリムーバーで剝してから流用。


110710_025741.jpg

主砲の20.3cm連装砲は砲身をライオンロアの0.9mm真鍮線に変更(金属砲身は高いんだよ!)

艦橋前部にプラ版から自作したFA(フェイズドアレイ)レーダーを一枚。準イージスという設定です。


一応改装後になってはいますがFAレーダーの取り付けの都合上色々と無視してます。


並行世界なのでなんでもありです


ここから写真の撮り忘れがあり少々跳びますが


2_20110717183212.jpg

艦首を膝パーツを基礎にしてパテ盛り

艦橋の作製

後部格納庫の製作

マストその他構造物の選定・製作

艦体の合わせ目消し

サフ一回目→各部修正

フラッグシップの極細チェーンでアンカー用のチェーンを作製

各部のディティールアップ

艦体中央両側面には大和級をモチーフに傾斜装甲をプラ板とパテで作製


で、サフ二回目の状態です。

3_20110717183212.jpg

艦橋構造物には20mmCIWSとか各種衛星通信装備、射撃指揮装置なり航行レーダーなりと付けてます。

高角砲の位置には手前二つはMk-29シースパロー、後ろ四つにはハープーンを配置。

ちなみに殆どの構造物は置いてあるだけです。

4_20110717183120.jpg


撮影技術がアホ過ぎて申し訳ない…

5_20110717183119.jpg

マストは現用艦船のものからの流用が難しかったためキットのものにSPS-24レーダーやECM装置、ジャンクから適当にレドームなどを取り付けたものを使用。(これだけのために摩耶用のエッチングを買うなんて…)

おかしな構造になっているのは重々承知しております(/・ω・\)

真鍮線などで増設の予定。


5・5

基本的に砲撃シーンを想定しているため砲身はバラけてます。

バラけかたがかなりオカシイ…


6_20110717183119.jpg

後部格納庫の増設には、むらさめ型護衛艦の「さみだれ」の余剰パーツにプラ板と綿棒の芯などを使用。

変な形状をしているのは一応戦術機の運用を想定しているため。

設定としては「BETA戦を想定した艦艇の近代化改修の初期段階に改修された艦であり、まだ戦術機の運用思想が十分に確立していなかったため、とりあえずの戦術機運用能力が付加された」といった感じ。

後でイルミネーターなどを設置するつもり

1/700なので、例えば不知火は全高19.7mなので大体3cm弱
WS000018.jpg

ちなみに摩耶は全長203.76m、全幅20.72mです。
110510_223303.jpg


上から見るとキモチワルイ構造をしているのがよくわかりますね(・∀・ )
7_20110717183119.jpg


後、画像には映っていませんが艦尾に4×2セルのVLSを自作しました。

自作ではこれ以上細かいのはちょっと…

流用も考えましたが色々あって断念。



後は各部の修正・ディティールアップ(とくに艦後部)をして、サフ→エッチング手すりの取り付け→艦体塗装・構造物塗装→取り付け→アンカーなどの細かいパーツの塗装・取り付けという工程で行こうかと。


製作会までには完成させて持っていきたいです


…明日からテストだよ!

関連記事
スポンサーサイト

 1/700 「摩耶」(対BETA・近代化改修後)

0 Comments

Leave a comment