Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

戦車道きのこ海軍工廠

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

22
2011  00:33:00

1/720オルタ風ニミッツ建造記~その3~


ニミッツ製作の続きです。


実はもう完成したのですが製作記事を全然更新していなかったので連続更新します。


次が最後です~






人員救助網のエッチングパーツが届くまで暇だったので戦術機用カタパルトをスクラッチ。

110812_173330.jpg

■参考画像のキティホーク級の戦術機用カタパルト
WS000154.jpg


メカ本ニミッツ級のカタパルトと形状が違っていたので迷った結果、適当に作り易い形状にしました。


110812_173837.jpg

この前作った1/1000不知火に合わせて製作。

1/700スケールの戦術機はデカ過ぎてこのスケールの艦船モデルには映えないと思うよ…




サフ吹き後

110812_205416.jpg


カタパルトはこんな配置に

110812_205425.jpg


アイランド回り

110812_205658.jpg



この後各部の修正。


そしてハセガワのエッチングパーツが届いたので、手持ちのフライホークの現用米軍用エッチングパーツセットと合わせて使用。

110818_153537.jpg

110818_153546.jpg

110818_161052.jpg


ここで瞬着をアバウトに付けて接着していったせいで網目がつぶれて後々大変なことに…


海外製と日本製のエッチングパーツを使い比べていて思ったのですが、海外製のエッチングパーツは総じて柔らかく、すぐ型崩れしてしまうのに対し、日本製は適度に固く丈夫で扱い易かったです。


まあ自分のスキル不足のせいでしょうが…



今回は黒立ち上げに挑戦してみることにしました。


なので全体をブラックで塗装~(画像は撮り忘れました)


その後各部をチェックしてから塗装に入ります。


手順は 飛行甲板塗装→飛行甲板マスキング→船体塗装 です~


デカい分マスキングが大変…

110819_170615_20110822002058.jpg


画像ではちょっと分かりづらいかもしれませんが黒立ち上げがイイ味出ました

110820_233652.jpg


次が完成となります。


関連記事
スポンサーサイト

 1/720 CVN-68「ニミッツ」(戦術機母艦改装後)

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。