Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

戦車道きのこ海軍工廠

09
2012  02:51:56

1/700 大和(マブラヴオルタver.)改装記録Ⅱ


生存報告も兼ねて


試験が終わった勢いでDUMOXELのピンセットを買ってしまいました。

1_20120209020758.jpg

送料含めて3500円弱。


スイス製だそうですがかなり使い勝手がいいです。

2_20120209020758.jpg

エッチングパーツや細かい部品を扱うときに大変重宝してます。



たまにはいい道具を使うのもいいもんですね。








さて、大して進んではないのですがオルタ大和製作報告です。


まず参考資料が増えました。


チャーリー・零 さん製作の3Dモデル図
505005544.jpg


艦橋構造物製作に当たって貴重な参考資料とさせていただいています。

感謝。





艦体自体は表面処理が9割方終了した状態です。

めんでぇ…



というわけで艦橋構造物に取り掛かります。
3_20120209020757.jpg

艦橋は完全再現を目指すとフルスクラッチしなければならないレベルですので大和原型をベースとしてそれっぽいものを目指します。

人生妥協はだいじ


窓枠のエッチングはハセガワの汎用窓枠セットB。




艦橋基部はこんな感じ
4_20120209020757.jpg

まだ土台だけですが、基部は大体こんな感じにします。

適当に寸法測ってプラ板で組んだだけ。



全体配置はこんな感じ
5_20120209020756.jpg

ようやっと目途が立ってきた。





6_20120209022756.jpg

0.jpg

見比べると違和感しかないと思いますがその最大の原因は艦上構造物と艦体とのサイズ比です。


そもそも「大和型は史上最大の戦艦」と言われる理由は艦幅の広さにあります。

横幅が広いほど船は沈みにくくなるため、パナマ運河通行のため艦幅に制約があった米国とは異なり日本は大和型に38.9mもの艦幅を取らせました。

そのため当時最大の18インチ3連装砲塔も小ぶりに見えてしまう程でした。



しかしオルタ大和の方の艦上構造物と艦体のサイズ比はアイオワ級並になっています。


これは大和型をベースにしている以上、艦体を小型化したということはないと思うので艦上構造物の方が拡張されたものと推測されます。(それにしてはハープーンがデカいですが…)




まぁCGですので考証よりCG映えを優先したのでしょうけども。





いざ完成してみたらコレジャナイ状態になっていたときに備えての言い訳じゃないですョ








今度の日曜のWF2012冬は参加するつもりです。

WF童貞すててくるよ!!


関連記事
スポンサーサイト

 1/700 大和(マブラヴオルタver.)

0 Comments

Leave a comment