Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

戦車道きのこ海軍工廠

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

06
2012  02:28:13

1/700戦術機 F-18E/F開発記録. Ⅰ


去年の夏辺りからやるやる詐欺を繰り返していた1/700戦術機シリーズ第2弾としてスパホを作ります。


まぁ第1弾の不知火は1/700で図面引いたのに完成したのが約1/1000だったんですが…


ブキヤスパホ
IMG_4089.jpg

IMG_4097.jpg

IMG_4096.jpg


これ自体は去年の夏、確か総火演の前日くらいに素組みしたものです。


関節の可動とか割とヒドいですのが、まあそれはそれ

不知火のときと違いA3がないのでこれを立体資料にします。



適当にアナログで図面を引きます(文系クオリティ)。
IMG_4065_20120306013550.jpg

今回はワンオフ的な不知火とは違い、量産を前提として製作します。

といっても自分ができる複製方法などおゆまるくらいしかないのですが…




ルナドン4によるとスパホの全高は18m

これを1/700に変換すると 18m * 1/700 = 2.5cm



対してプラキットの方の全高は約17cm


従って、ブキヤスパホと1/700スパホのスケール比は 17 : 2.5



よってプラキットの寸法を0.15倍すれば1/700スケールになるというお話。





基本は0.5mm厚のプラ板を積層していきます。

理由はこのくらいの厚さだと下がギリギリ透けて見えるから
IMG_4066_20120306013549.jpg

構造が複雑ですので、まずは大まかに切り出し、それからプラキットの方と対比しながらヤスリやデザインナイフなどで形を作っていきます。


今度はそれをもう1枚の同じプラ板に接着し、1枚目をガイドにして形を合わせます。
IMG_4069_20120306013549.jpg

脚部は2枚重ねとしました。


反対側はこの脚にプラ板を軽く接着し、同様にして形を合わせてから剝し、その後また同様にして整形します。
IMG_4071.jpg


プラキットの脚部(約12cm)と1/700の脚部(約1.7cm)
IMG_4077.jpg

膝の張り出しの形状が違う…

後で修正します。



胴体部は2mm厚のプラ板から切り出し、腕の付け根に3mm角棒を接着しました。
IMG_4081.jpg


腕部も脚部と同様にして製作します。今日は一本しか作ってないです


今日の作業はここまでです。
IMG_4079.jpg


できるだけ単純な構造になるように作っていますが、真鍮線を軸にして腕や脚を可動にしたりパテで厚みをつけるなども考えています。



頭部と肩部どうしようかな……



しかしこれ、おゆまるで複製できるのかしら










〇おまけ


先日、アオシマの1/700はるさめ(トモダチ作戦ver)をヨドバシで買ってきました。
IMG_4030.jpg


目当てはもちろんコレ
IMG_4038.jpg


護衛艦の新しいヘリ甲板標識です。


現用艦艇はちょくちょく仕様を変えるから面倒ですねぇ


とりあえずコレをPCに取り込んで自作デカールの素材にするか、参考にしてマスキング塗装するか


近い内にやろうと思います。



まぁまずはオルタ大和とスパホですね

スポンサーサイト

 1/700戦術機 F-18E/F

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。